会社案内
旭モールディングトップページ > 会社案内 > 社長挨拶

企業理念

21世紀を迎えて、日本の消費環境は売り手市場から買い手市場へ完全に移行し、他の先進国では例のないほど大きく変化しています。こうした状況に対応していくためには、これまでの経験や仕事のやり方を転換し、新たな手法にチャレンジすることが必要です。今我々のプラスチックス製品製造業界にも圧倒的な変化が要求されています。

旭モールディング株式会社は、これまで培ってきたプラスチックス射出成型技術を基にした高品質の製品創りを進めていきたいと考えています。その為には、常に変わるお客さまのニーズにいつもお応えするために、『21世紀型の顧客トレンドの分析対応を瞬時に確実に行う経営』を実践し、お客様に喜ばれる品質のレベルを高める努力、新しい技術を投入するチャレンジを続け経営理念『お客様の付加価値創造に貢献します』を追求してゆきます。

具体的には、当社が50年培ってきたプラスチック射出成型技術を基にし、本格的開発型企業になる事を目標に、最先端の3DCADシステムの導入。企画・開発支援体制のネットワーク化。自主品質保証システムの確立。生産拠点の一元化。金型、部品調達の海外グローバル化といった経営基盤を構築。そして新たに、大量生産対応ではインドネシア現地法人を活用した低コストでの生産の実現など、今のニーズに応える製品と充実したサービスを提供し、お客様のベストパートナー的存在になるべくチャレンジを続けています。

これに合致した事業を推進するために最優先に掲げているのが人材の育成です。仕事は最高の教科書という考えのもとに、日々のこつこつとした積み重ねの中で、仕事を通じて共に学び人間形成してゆく。全社員の情熱と意識を高く持って努力していく所存であります。 旭モールディング株式会社は、幅広く人材を育成し、常に時代を勝ち抜き、これからもお取引先様と信頼に基づくパートナーシップを組み、『徹底した提案型ビジネスの追求  “Making a positive proposal !” 』をモットーに、さらに皆さまに愛されるベストパートナーを目指します。